静岡市の歯科、駿河区で歯医者をお探しなら無痛治療の当院へ
歯の美を追求する専門医が診療します。

MENU

失った歯を取り戻す治療
=インプラント

それは思い切り笑えるということ。存分に食べたいものを食べるということ。
そんな当たり前だったことが、また当たり前にできる。インプラント治療はその夢を叶えます。

インプラント治療とは、様々な理由で失ってしまった歯の代わりに、人工のチタン製の土台を埋入し、その上に人工の歯を製作して咬み合わせを回復させる治療法です。従来では歯を削って被せるブリッジや入れ歯を使っていましたが、デメリットも多く、それらのデメリットを解消できるのがインプラント治療ということです。

トシデンタルクリニックの
インプラント治療

当院のインプラント治療は、他の歯を出来るだけ削らず機能的な咬み合わせを作ることで残っている歯の負担を減らし、
守っていく予防的なインプラント治療を行っているのが特徴です。お気軽にご相談、お問い合せください。

治療例1本の歯を失った場合

治療前
治療後

治療例多数の歯を失った場合

治療前
治療後

治療例全く歯がない場合
(入れ歯を併用した応用ケース)

治療前
治療後

インプラント治療をお勧めする方

歯が抜けたままの方、
所々歯が抜けてしまっている方

歯が抜けたまま放置すると残っている歯が傾いてきたり、周囲の骨が痩せてきたりして、いざ治療をしようとしても限られた治療となってしまいます。また、歯が無いことで咬み合せが狂ったり、口元が歪んだりと色々な影響が出てさらに治療が困難となってしまいます。早めに確実な治療を行うことでちりょうの成果が高くなり、無駄な時間や費用を使うことを防ぐことが出来ます。

すでにブリッジをしている方

現状安定しているようで、実は少しずつ影響が出始めていることがあります。 古くなったブリッジなどは咬み合せや適合に誤差が出てきてしまい、周囲の歯肉や骨、 歯にトラブルが出ていることは珍しくありません。インプラントを用いることで負担を軽減し、予後を安定させることが可能です。

入れ歯が不安定な方

入れ歯は不安定だったり、あまり使ってなかったりする方も、少しインプラントを応用することで 驚くほど安定感を得られるようになります。不安定な入れ歯を長期にわたって使うことで骨がアンバランスに痩せて、後々咬み合わせを作ることが難しくなります。このように、現状は安定しているようでも将来的に大きなトラブルに繋がってしまうことがあるため、ご不安な方はご相談ください。

歯を失った場合の
他の治療法との簡単な比較

歯を失った場合の他の治療法との
簡単な比較は下記表のようになります。

  インプラント ブリッジ 入れ歯
他の歯を削らない ★★★★★ ★★★★★ ★★★
自然感 ★★★★★ ★★★
咬む力 ★★★★★ ★★★
他の歯への影響 ★★★★★ ★★
骨への影響 ★★★★ ★★★ ★★
清掃性 ★★★★ ★★★
費用 ★★★ ★★★

インプラント治療の
メリットとデメリット

メリット

  • ◎骨との結合により、天然歯と変わらない咬み心地
  • ◎他の歯を削らずに治療できる
  • ◎審美的な回復が可能である
  • ◎他の治療法と組み合わせられる

デメリット

  • ◎外科治療が必須である
  • ◎基本的に治療期間が長い
  • ◎保険適応外である

インプラント治療の流れ

現在のお体の状態や既往歴、歯・歯肉・骨の状態を診査しインプラントに向けたカウンセリングを行います。
十分な御説明のもと、疑問点やご不安など、遠慮なくおっしゃってください。

STEP1問診・診査・診断

丁寧なカウンセリングとご説明

現在のお体の状態や既往歴、歯・歯肉・骨の状態を診査しインプラントに向けたカウンセリングを行います。インプラント治療が成功するかどうかはこのステップでどれだけ正確な診断が出来るかに掛かっていますので、十分な御説明のもと、疑問点やご不安等遠慮なくおっしゃってください。

診断にはどんなケースにおいても必ずCTを撮影しております。立体的な画像診断は安全なインプラント治療には必要不可欠です。 また最近では歯の欠損部にとにかくインプラントを、と診断し、後々トラブルになっているケースも見られます。当院では長期的に見て、その場所にインプラントが本当に必要である場合のみ処置を行います。 また隣の歯や他の部位の歯が無くなった場合でもそのインプラントが最大限生かされるよう診断していきますので将来的なことを含めご安心ください。

当院は大学病院や総合病院の専門医と提携しており、常に2人以上のDrによる診断を行っているのも特徴です。客観的な診断とリスク解決で、より安定したインプラント治療をポリシーとしています。

STEP2インプラント治療前の処置

治療前の処置ー

虫歯や歯周病など、インプラントに影響のある症状をしっかりと解決いたします。 安定したお口の状態を得ることは最優先です。

STEP3インプラント埋入(1次オペ)

フィクスチャーを埋入
フィクスチャーを埋入

インプラント(フィクスチャー)を埋入します。局所麻酔を確実に行いますので術中の痛みはほぼありません。 骨との安定した結合を得るために基本的には2回法と呼ばれる方法を選択しています。 1~2本なら15~30分ほどで終了します。また埋入手術は当院のクリーンルームにて行いますので、 術中の感染などのリスクも最小限となっております。術後はゆっくりとお休みいただいて御帰宅となります。 1週間後に手術時の糸を取ります。

STEP4インプラント安定期

骨との結合

埋入したインプラントが確実に骨と結合するまで、約3~6か月の時間を置きます。 この時間を速めると人工歯をセットしてからのトラブルに直結しますので、安定期としてお待ちください。

STEP52次手術

アバットメント

歯肉内のインプラントにアバットメントと呼ばれる土台を付けるため、少しだけ歯肉を切開してそのスペースを作ります。局祖麻酔下で1本なら10分ほどで痛みを感じず終わります。歯肉の安定を待つため1週間ほど時間をおき、縫合した場合は糸を取ります。

STEP6型取り

上部構造の型取り

いよいよ上部構造(人工歯)の型取りです。専用のトレーを使い精密な型取りを行います。

STEP7上部構造(人工歯)のセット・咬み合せチェック

完成した人工歯をお口の中で確認し、問題なければセットします。インプラントは咬み合せが非常に重要ですので1週間後に必ず咬み合せチェックを行います。 不必要な咬み合せの位置は長期予後を不安定にする大きな要因ですので当院では大切に考えています。

STEP8メインテナンス

インプラントのメンテナンス

メインテナンスはインプラントの予後に非常に大切です。 周囲歯肉の状態や咬み合せ、他の部位の変化などをきちんとコントロールしなければ良好な予後は得ることができません。 その方に合わせたメインテナンスメニューを作らせて頂きます。

治療前のご相談やお問い合わせも
お気軽にご連絡ください。

お電話で

受付時間 平日9:00~12:30/14:30~19:00
(土曜日は17:30まで、木・日・祝休診)

メールフォームで

24時間受付
(ご返信は診療時間内の対応となります)