静岡市の歯科、駿河区で歯医者をお探しなら無痛治療の当院へ
歯の美を追求する専門医が診療します。

MENU

治療の特徴

トップページ > 安心のポイント > 治療の特徴

無痛治療

歯医者=痛い
トシデンタルクリニックは無痛治療に全力で取り組みます!

全ての方に共通した思いをどうにかしたい!トシデンタルクリニックは無痛治療に全力で取り組みます。治療の不安を取り除き、トシデンタルクリニックは安心で楽しい、リラックスして治療を受けられると 思っていただき、身近な存在になることもひとつの予防にも繋がると考えているからです。誰も痛くて緊張するところに通いたいなんて思いませんよね!

なぜ、痛いのか?

当院では根本的な原因を考えました。ここではその原因と当院の解決策の中で代表的なことを麻酔に関連させてご説明します。

極度の緊張と痛い・怖いの先入観

歯医者にいることで極度に緊張している、または頭の中が痛い・怖いという思いで溢れている。確かにクリニックでチェアに座るだけで緊張すると思います。それは普段治療する側の私たちでも同じです。まずはリラックスしてください。 当院では説明もなくいきなり治療が始まったりしません。緊張しているなら逆にそうおっしゃってください。その一言を言うだけで心理的なプレッシャーは解放されます。私たちだって治療を受けるとなると緊張するのですから!Drやスタッフと取り留めない会話をするだけでもかなりリラックス出来ますので、遠慮なく声を掛けてみてください。 リラックスすることで麻酔の偶発症も防ぐことも出来ますので過去にそういう御経験のある方もご安心ください。

長期による痛みへの我慢

症状を長期間放置したり、痛みが強かったりすると麻酔薬の効果が出にくくなります。おかしいと感じたら早期受診が一番の解決策ですが、急な痛みの場合もありますし、中々難しい場合もあると思います。よく「麻酔が効かなくて何本も打ったよ」というお話も聞きますが、麻酔のお体の影響などを考えるとあまりお薦めはしません。

治療時間も長くなり、何よりも次の治療への緊張感が高まります。そんな思いをしてまた治療なんて受けたくないっていうのが本当でしょう。当院では正確に症状と原因を診断することで、まず麻酔が確実に効くかどうかを判断します。もし効きにくいなと判断した場合は無理に麻酔を打ったりせず、炎症を落ち着かせ、麻酔が効きやすくなるように改善していきます。 そうすることで心理的にも楽になり、状況も改善されているから安心して治療を受けていただけると思います。無理して治療しても辛いだけですから・・・。

治療時間が取れない

麻酔が効くまでに時間がかかることもあります。当院では無理せず消炎処置を行い、しっかり時間を取れる日に治療をさせていただいています。

麻酔をしてすぐに治療が始まって全然効いてなかったという御経験、ありませんか?慌ただしいときや、急いでいるときはどうしても緊張感や不安が高まっているため少しの痛みでも大きく感じてしまうという心理も働きますので落ち着いて治療できるよう、ご協力させていただきます。やはりリラックス効果ですね。

当院では、治療においても
努力しています

局所麻酔

人は自分が思っている以上の痛みがあった時、より鮮明にその感覚を感じ取ります。 麻酔も同じです。 そこで当院では麻酔の痛みを出来るだけ無くすために工夫しています。

表面麻酔

歯科用表面麻酔のゼリーを歯肉に置くことで、刺入時の痛みをコントロールします。 一度痛いと感じたら、それ以降些細な痛みにも敏感になってしまいます。 何よりも、麻酔が痛くないということは変え難いものです。

細い麻酔針

一般的に歯科用の麻酔針は31G前後ですが、当院では最も細い33Gを使用しています。どれくらい細いか、メーカーの受け売りですが “あなたは蚊に刺されたとき、痛いと感じますか?” という針です。

電動局所麻酔機

麻酔薬を入れるときの圧力やスピードも痛みの原因になります。当院ではコンピュータ制御の電動麻酔器を使用し、手動では不可能な圧・スピードコントロールを行っています。また麻酔の深さ、つまり麻酔が入っていく組織に応じて適時スピードを変えながら麻酔をします。

麻酔薬の温度管理

麻酔薬が体温と近いほど、その温度による痛みも減少します。 温度管理を行うことで体内に入った時の刺激を最小限にしています。

治療前のご相談やお問い合わせも
お気軽にご連絡ください。

お電話で

受付時間 平日9:00~12:30/14:30~19:00
(土曜日は17:30まで、木・日・祝休診)

メールフォームで

24時間受付
(ご返信は診療時間内の対応となります)